Welcome Guest 
見出し - What's New

TOP > What's New

What's New

スリルとサスペンスなサスペンション  [カテゴリ:お知らせ]

投稿者 : admin 投稿日時: 2017.09.17 16:11:19 (184 ヒット)

 9月2日の『朝ツー』のときのおはなしです。

 

 ご本人には事前に 「ものスゲー曲がらないからね!」 「無理して前について行こうとしないでね!!」

 「後ろはちゃんと見てるからねw」 と は言ってあったのですが、ヘルメットかぶると忘れるのかそれとも

 それがライダーの性なのか、バックミラーで見てて笑っちゃうくらい苦戦してました。

 

 いつもどおり走る (ハングオン風リーンイン)⇒曲がらないw⇒バイクを寝かす (お殿様型リーンウィズ)

 ⇒曲がらないw⇒更に寝かす(ついにリーンアウト・・・・・うん、そのままでてのひらを上に向けてみて?

 ドジョウすくい by 安来節 に見えるからww) ⇒あきらめる⇒フロントの荷重が抜けてハンドルがきれる

 ⇒曲がり始める⇒ガマンタイム⇒曲がり終える⇒すろっとるぅぅぅ・わぁいどぉぉぉ・おぉぅぷぅーんっっ!

 (なんかの必殺技かよ)⇒以降繰り返し

 

 なんでこんな事になったかというと、別にサスペンションユニットを換えたとか、いじったとかではなくて

 マフラーをマイナス10ウン圓里發里亡垢┐燭擦い覆鵑任后

 

 今まではおおよそ小学生とタンデムしてる状態でバランスしてたのが、ひとり乗りになったようなもので

 前後の荷重配分が大きく変わったたためにこうなったのです。

   注) 重さは幼稚園年少さん程度でも、このバイクはリヤアクスル(後車軸のことね)より更に後ろ上方に

      マフラーの後端部があって、小学生をタンデムしてるくらいの荷重計算になりますww

 

 こうなることはわかっていたので、予めセッティングするつもりだったのですが 「そんなに変わるの?」

 「一回体感してみたい」とのドМなお願いで 『事前の注意喚起』 のもとで行った結果がこれでした。

 

 帰ってきてすぐにセットアップし、好評は得ていますが、もう少し詰める必要があると思ってます。

 

 このほかにも、タイヤの種類や空気圧、オーナーの乗り方のクセ等で、サスペンションのセッティングは

 まちまちなので何をやったかは割愛しますが カスタムのやりっぱなしは思わぬところで『ネガティブ』 を

 おこすことがあるので、注意してくださいね。